お葬式のイロハを知っておくことは縁起が悪いことではない
突然やってくる永遠の別れに備えて知っておきたいお葬式のこと

お葬式が終わったらやるべきこと

お葬式が終わってもやることはたくさんあります。お葬式が終わった翌日から、お世話になった方やお寺のお坊さんへ、お礼の挨拶回りなどに伺う日取りを決めましょう。また、故人に関する手続きも忘れないようにします。例えば期日期間が短いものと言えば介護保険や年金などの手続きです。これはまったく予備知識がなくても大丈夫です。故人が暮らしていた街の役所へ足を運べば、どこでどんな手続きが必要なのか説明してもらえますし、あらかじめ電話で問い合わせれば手続きに何が必要なのか教えてもらえます。

それから法要の準備も必要になります。会場の準備やお坊さんへの依頼も必要です。葬儀社によって違いはあるものの、この時期に葬儀社へお葬式の費用を払うことが一般的です。後払いになるため、悪質な業者は見積もり金額より上乗せした費用を請求してくることもあり、トラブルを回避できるよう葬儀社に依頼する場合は追加費用が発生するのかどうか確認しておくといいでしょう。

こちらも葬儀社によって流れが前後することがありますが、香典帳を作成して香典返しを準備したり、仏壇や位牌の準備をしたりすることも必要です。もともと自宅に仏壇があるのなら位牌だけを準備しましょう。

ページの先頭へ戻る