お葬式のイロハを知っておくことは縁起が悪いことではない
突然やってくる永遠の別れに備えて知っておきたいお葬式のこと

お葬式が終わったあとに必要になる手続き等

お葬式が終わった後もバタバタと忙しい日が続きます。各市町村によって違いはありますが、年金の受給停止手続きや年金の未支給年金請求などの手続きは、お葬式が終わった後できるだけ早く手続きをしたほうがいいでしょう。このとき必要になるものは年金証書や除籍謄本です。各市町村役場のほか年金事務所での手続きになります。そのほか国民健康保険や介護保険の資格喪失届も必要ですので忘れないようにしてください。こちらは故人が亡くなった死亡日から数えて14日以内に手続きを済ませる必要があります。手続きに必要な書類は国民健康保険証や介護保険証です。故人が暮らしていた市町村役場で手続きを済ませます。

それから加入していた保険会社から葬祭費もしくは埋葬料と呼ばれるお金が支給されます。こちらは故人が亡くなってから2年の期日が設けられています。必要な書類は死亡診断書もしくは死亡検案書、お葬式にかかった費用が分かる領収書、保険証などです。申請する場所は被保険者の住所がある役所で、自治体によって異なるものの支給額は5万円が一般的です。

遺族年金の受給申請も済ませましょう。故人が亡くなってから時効は5年となっています。必要書類は死亡診断書もしくは死亡検案書、除籍謄本で、申請場所は各市町村役場や年金事務所です。

ページの先頭へ戻る